当医院での新型コロナウイルス感染症対策についてご説明いたします。

 

 ①当医院の広い待合室には“次亜塩素酸水ミストの噴霧”による

新型コロナウイルス感染予防対策を実施しております。

4台の超音波加湿器や3台の空気清浄機で、診療室と待合室の

感染予防対策を実施しております。

すでに厚生労働省の資料で次亜塩素酸水がインフルエンザや
  ノロウイルスを不活化(死滅)す
ることが確認されています。

新型コロナウイルスに対しても、厚生省・国立感染症研究所など

を中心とした新型コロナウイルス拡大対策会議の議事録にも、

次亜塩素酸水が効果があることが記載されています。

当医院の”う蝕・歯周病予防の次亜塩素酸水のPOICウォーター!”を
  新型コロナ対策としてぜひ使用されて
下さい。

 

 ②待合室が患者さんで混むことがないように”診療予約間隔”をできる
  だけ少なくし
、感染予防対策を行うようにしております。

 

③当院内の診療室に流れる治療用の水、すなわちコップのうがい水
  から
診療機器の中を流れる治療水のすべてが “次亜塩素酸水”です。
  次亜塩素酸水は、ウイルスや細菌を短時間で不活化(殺菌)します。

 

 当医院駐車場に駐車されたお車の中での、「診療待ち」も致してお

 ります。受付けだけ済ませたら、自家用車の中でお待ちください。

 

⑤新型コロナウイルスは、70%消毒用アルコールで不活化(死滅)する
  ことが知られておりますが、市販の洗口液やイソジン」や「明治の

 うがい薬」などが多くの細菌やウイルスを不活化(死滅) させるため、

 今の時期にはご自宅での“ガラガラうがい”をおすすめしております。

  また、リステリンによるガラガラうがいが、インフルエンザウイルス
  な
どのエンベロープ構造を有するウイルスを不活化(死滅)させる
  ため、
COVID-19にも有効と考えられておりますので、この時期には
  リステリン
もおすすめいたします。(ただしコンクールや、CPC含有の
  洗口液では
短時間でのウイルス不活化効果は低いと考えられています。)

 

 

 

                       文責 院長 篠崎 英一