ドックスベストセメントについて

大きな虫歯でも歯髄をとらずに治せる夢の治療!

当歯科医院では歯の神経(歯髄)までダメージを受けるような虫歯の歯髄をとらずに保存することができるドックスベストセメント(Doc's Best Cement)治療(アメリカで開発)を行っています。
歯髄を除去すると歯は徐々にもろくなったり、変色したり極端に歯の寿命は短くなってしまいます。
今までの虫歯治療では歯髄を残すことができなかった深い重症な虫歯でもドックスベストセメント
は歯髄を除去せずに治療できるというとても不思議なセメントなのです。


虫歯になった歯質(軟化象牙質といいます)がドックスベストセメント(Doc's Best Cement)の

薬剤の作用で虫歯菌が無菌化され「虫歯菌のいない虫歯」となり、それどころかさらに虫歯象牙質
が徐々に再石灰化して元の健全象牙質に近い状態に戻り
治癒していくという夢のセメントなのです。

 

但し、ドックスベストセメント治療は自費診療となりますが、高額な歯科治療ではありません。

歯髄を残す(保存する)ことで歯の寿命を延ばすという素晴らしさ、大切さを是非ご理解下さい。

 

•歯の神経(歯髄)を取らずに、歯髄を残せる可能性が広がる
•歯髄の近くまで進行し、かつ痛みがない深いむし歯に有効である
•からだにやさしい天然ミネラル成分なのでアレルギー等の心配が少ない

*虫歯の痛みや進行程度により治療ができない(適応外)場合もあります。