歯周病について

歯周病とはどんな病気?

歯周病とは、複数の歯周病原因菌や真菌(カビ菌)の感染によって引き起こされる炎症性の病気なのです。
歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌やカビ菌が停滞し(歯垢の
蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません)。
そして、進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり、そこにさらに歯周病菌が停滞蓄
積してますます悪化させます。そして歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後には
抜歯をしなければいけなくなってしまいます。

歯周病の原因は?

お口の中にはおよそ800種類の細菌や真菌(カビ)が住んでいます。これらは普段あまり悪いことをしま
せんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、
歯の表面にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こ
します。 その中でも歯周病をひき起こす細菌やカビ菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の歯周病菌やカビ菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を
支えている骨(歯槽骨)を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシング
だけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  1. 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  2. 不適合な冠や義歯
  3. 不規則な食習慣
  4. 喫煙
  5. ストレス
  6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  7. 薬の長期服用

歯周病の進行

健康な歯肉


特徴
 薄いピンク色の歯肉。
 歯と歯の間に歯肉が入り込んで弾力がある。
 歯肉が引き締まっている。
 ブラッシングでは出血しない。

歯肉炎


特徴
赤色の歯肉。
歯と歯の間の歯肉が丸みを帯び膨らんでいる。
ブラッシングで出血する。
腫れた歯と歯肉との間に歯垢が溜まり悪化する。

歯周炎

特徴
赤紫色歯肉。
歯と接している歯肉が更に腫れる。
ブラッシングで出血や膿がでる。
歯と歯の間が広がり、食べ物もよく詰まる。
歯肉が退縮して歯が長く見える。
歯周ポケットが深くなり骨(歯槽骨)が溶ける。

歯周病は治るの? 現在は、薬で歯周病を治す”歯周内科治療”で治します!

現在では歯周病は、予防でき治療も可能となってきました。特にお薬で歯周病を簡単に治す時代になりました。
原因である菌やカビ菌を特定し、薬でその菌を殺菌することができるようになりました。(歯周内科治療)

この15年の間に、歯周治療は急速な進歩を遂げました。 以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、
現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができるのです。
まず、歯周病の原因は歯垢中の歯周病菌ですから、それをためない、増やさないことが基本です。
そのためには・・・

  1. 正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が
    何より大切なことです。
  2. 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす
    細菌を徹底的に除去することです。
  3. 場合によっては、傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受ける
    ことが大切です。

歯周病の恐ろしい点は、初期・中期には痛みをあまり感じることがなく症状がどんどん進むことです。
痛みや腫れの症状が出てくるのは末期になってからで、それまではほとんど自覚症状ありません。
これがこの病気の最大の特徴で、また一番恐いところです。定期健診時には位相差顕微鏡で歯周病菌や真菌
の確認をすることが大切です。