徹底した院内感染対策について

”次亜塩素酸水” で徹底的に院内感染防止する予防システムです。

 当医院の診療室全体に”次亜塩素酸水(微酸性電解水)”による連続殺菌(除菌)治療
システムの
EPIOS ECO SYSTEM(エピオスエコシステム)”を導入し、院内感染の
防止や飛沫感染防止対策にこだわり診療を行っています。
診療台のコップ水やタービンなどの切削機器から出る水など、診療室内にはすべて身体に
優しい殺菌(除菌)水が流れています。

厚生省は、次亜塩素酸水(微酸性電解水)の正しい使い方について、次亜塩素酸水の
流水でジャブジャブと手指を洗うことでウイルスや細菌を不活性化することを認めて
います。次亜塩素酸水の空中噴霧について、新型コロナウイルスが不活化するのかに

ついては、まだエビデンスがなくて有効性などについて公的機関で検討中です。

今年5月には、北大や東北大から、新型コロナウイルスは次亜塩素酸水で不活化する

との報告がありました。

 

当医院では、院内感染や飛沫感染の予防対策として、
診療チェアの給水ユニットには治療に使用するタービ
ン(切削機器)、お口をゆすぐお水にいたるまでの
すべて身体(からだ)に安全な殺菌水(微酸性電解水)
を使用
できるシステムとなっています。


次亜塩素酸水は、人間の体内で、白血球が細菌を殺す
過程で主に作用する成分です。つまり次亜塩素酸は、
人体に元来備わっている殺菌成分ですので安全といえ
ます。また、その高い殺菌力によって、
MRSA、肝炎エイズなど、ほぼ全ての細菌(ほとんどの細菌は数秒
で殺菌)やウイルスを殺菌しま
す。

 生成にあたっては、薬剤、薬品類は一切使用しておりません。

 高純度の塩と超純水だけを用いて電気分解して生成した殺菌水は、

 お子様からご年配の方々まで、どなたでも安心してご利用い頂けます。



 

当医院では、院内感染や飛沫感染の予防対策として、診療チェアの給水ユニットには治療に

使用するタービン(切削機器)、お口をゆすぐお水にいたるまで、すべて身体に安全な殺菌

水を使用できるシステムとなっています。


次亜塩素酸水は、人体内で、白血球が細菌を殺す過程で主に作用する成分です。つまり次亜

塩素酸は、人体に元来備わっている殺菌成分ですので安全といえます。
また、その高い殺菌力によって、
MRSA、肝炎、エイズなど、ほぼ全ての細菌やウイルスを

殺菌します。

 

次亜塩素酸水(微酸性電解水)の生成にあたっては、薬剤、薬品類は一切使用しておらず、
高純度の塩(しお)と超純水だけを電気分解して生成した殺菌水
は、お子様からご年配の
方々まで、どなたでも安心してご利用いただけます。



連続殺菌治療システム“エピオスエコシステム”の仕組みについて

歯科の診療台の給水ユニットは、水が通るチューブの“変質”や、治療中の血液を吸い
込む“逆流”などが原因で、細菌やウィルスに汚染されていることがあります。

1999年の米国CBS1999年の米国ABC2000年の東京医科歯科大学、2001年の日大の
治療水調査などによれば、歯科の診療チェアーの水質汚染問題が報告されており、中には
菌が
10万個以上もあったとの報告もされています。
(※法律では水
1mlあたりに菌が100個以内と明記されています。)

 

エピオスエコシステムの心臓部である「エピオスサーバー」は、その独自の設計理論と、
先端技術により、高い殺菌力と安全性をもつ殺菌水をリアルタイムに生成し、診療室内
の給水ユニット内やユニット吐水の残留塩素濃度を正確に保ち、衛生的な歯科治療水で
連続殺菌治療を可能にした装置で、安全で衛生的な治療環境を提供することが可能とな
ります。

診療前に、エピオスウォーターでバイオフィルム除去と除菌を行う場合があります。

 エピオスウォーター(POIC水)の「バイオフィルムの破壊」と、その後発揮する殺菌(除菌)能力に、
安全で効果的な治療が期待されています。
 歯周病は、ブラッシングだけや、薬による治療だけで治す
ことはできないと言われており、歯科医院で治療しなければ治りません。
そのような中で、「歯科医院におけるエピオスウォーター(POIC水)を使用したスケーリング治療」が、
歯周病に有効な治療方法として注目されています。

歯科での定期メンテナンスで、スケーリング中もエピオスウォーター(POIC水)を使用することで、
歯周ポケットのバイオフィルムの破壊と殺菌(除菌)を効果的に取り除くことができ、歯周病治療を
効果的に行うことができます。

自宅においても、普段から、エピオスウォーター(POIC水)で、ブクブクうがいをすることによって
歯周病菌や虫歯菌を常に抑制することができます。インプラント周囲炎などの治療でも、その殺菌効果
が期待されています。
当医院では治療前にエピオスウォーター(POIC水)で”ブクブクうがい”をして頂くことがあります。
口腔内のバイオフィルム(歯垢の頑固なもの)の破壊と殺菌してから治療に
入る”ため「歯性菌血症」
の予防効果が期待できます。

通常の医療では注射を打つ前は必ず消毒するはずです。歯科治療でも出血がある場合もある中で、なぜ
口腔内は消毒しないのでしょうか。歯周病菌が血中に入ることは望ましくありません。まして、免疫抑
制剤などを服用されている方の治療にはよほどの注意が必要となります。

治療中もエピオスウォーター(POIC水)を利用することで、安全な治療が行えます。そのため、治療の
際に少し温めたエピオスウォーターで、事前にうがいをして頂く場合があります。ほとんどの細菌や

ウイルスを 瞬時に殺菌することができます。