あなたの人生変わるかも! ホームホワイトニング

  コーヒー、紅茶、ワイン、カレーなどの色の濃い飲食物や、タバコなどを長い間
摂取し続けると、歯の表面のエナメル質から内部に色素が沈着し、いくら歯の表面
を丁寧に磨いても染み込んで落ちなくなってしまいます。
 そこでこれら沈着した色素を、歯科医師の指示のもとで製作されたマウスピース
の中に専用漂白ジェルを注入し、自宅での睡眠時間などを利用し13時間を2週間
連続して漂白操作を行うことで漂白効果が表れ、エナメル質表面が自然な透明感ある
もとの白い歯に戻っていきます。これがホームホワイトニング(歯の漂白)なのです。

    *ホワイトニング効果には個人差があります。すぐに効果がある方やゆっくり効果が
     ある方、その中間の方、変化がない方と様々です。

           術前                     術後(上下漂白後)

                          拡大写真です

                            ↓

      術前(拡大)                術後(上顎のみ漂白

ホームホワイトニングは自宅でどのようにするの?

   ホームホワイトニングの手順は、歯科医院にて製作したマウスピースの中に、
   ホワイト
ニングジェルを注入し、それを毎日約3時間ほど歯に装着しておきます。
   それを2週間毎日繰り返します。

   通常は、昼間に約3時間ほど行うのですが、忙しさで中々できないのが現状です。

    そのためにホームホワイトニングを夜寝ている間に行っている方が多いようです。
   寝ている間は、飲食や会話することもなく、唾液の流出も少ないために最適です。

<手順> 夜間行うとき

1.まずは、歯をきれいに歯ブラシやフロスできれいに磨きましょう。

2.マウスピーストレーの準備をします。トレーのホワイトニングジェルを入れる部分が
  水などで
濡れていたら、ティッシュなどでふきとり乾燥しておきます。
3.ホワイトニングジェルをシリンジから適量、マウスピースの中に注入します。
4.マウスピースを歯にぴったりと装着させて下さい。もし、マウスピースからホワイト
  ニングジェルが溢れたら、
歯ブラシやティッシュで拭きとり軽くうがいをして下さい。
5.朝起きたら、マウスピースをはずし、歯やトレーについているホワイトニング
  ジェルを歯ブラシや指で除去してきれい
に清掃して下さい。
 
昼間に行う場合には、約3時間後にトレーを外してください。
    (注意!)熱湯では絶対に洗わないでください。変形の原因になります。

6.マウスピースは乾燥させてからケースに保管して清潔にして下さい。

       *ホワイトニング効果には個人差があります。すぐに効果がある方や       
           ゆっくり効果がある方、その中間の方、変化がない方と様々です。

どのくらいで白くなる?! 持続期間は?

  通常、毎日連続して2週間毎日行います。ホワイトニングを開始してから4~5日目から
  効果があらわれてくるのが目に見えて確認することができます。
    しかし、漂白効果には大きく個人差が見られます。抗生物質の副作用など先天的変色や  
  内因性の変色に対しては大きな漂白効果を期待できませんが、多くの症例で、予想以上の
   漂白効果が
確かめられています。
 
漂白作用の持続期間(色落ち)は、アメリカでは約3年間持続されると言われていますが、
  確かに長期間色落ちしておりません
。毎月1回のタッチアップ(毎月1回の漂白処置)を
   行うとより持続し効果的と言われていますが、当医院では予想以上に色落ちしないので、
  とくにタッチアップは行っておりません。

ホームホワイトニングの注意事項

1.妊娠中や授乳中の女性には行わないで下さい。
2.マウスピース装着中は、飲食、喫煙はしないで下さい。
3.ホワイトニング終了直後の約1時間は、歯面が脱水状態にあるので、コーヒー、
 
タバコ、紅茶、ワイン、カレーなど着色するものは飲まないで下さい。
4.ホワイトニングジェルは、冷蔵庫など涼しくて、小さな子の手の届かないところ
 
に保管して下さい。ただし、冷凍は決して行わないで下さい。
5.マウスピースは、高温で変形しやすいので、清掃時は熱い湯で洗わないで下さい。
6.歯がしみる時は、毎日続けて行わず、翌日は口腔内装着を中止して下さい。
7.何か異常がありましたら、直ちに中止し、担当歯科医師まで連絡下さい。