いびき

”いびき”は空気の通り道である上気道が何らかの原因で
一時的に狭く
なることによって起こる現象です。
睡眠中、成人の5
20%が”いびき”
をしているそうですが、
そのうちの10
20%の人には重篤な病である「睡眠時無呼吸
症候
*」の危険性があると言われています。
そこで”いびき”が気になる方
に朗報です!”いびき”を
解消・軽減させる装置があります。
”いびき”は空気の通り道である上気道が何らかの原因で
一時的に狭くなることによって起こる現象です。
 睡眠中、成人の5
20%が”いびき”
をしているそうですが、そのうちの1020%の人には重篤な病である
 「睡眠時無呼吸症候
*」の危険性があると言われています。そこで”いびき”が気になる方に朗報です!
  ”いびき”を解消・軽減させる装置があります。

 ”いびき”は空気の通り道である上気道が何らかの原因で一時的に狭くなることによって起こる現象です。
 睡眠中、成人の5
20%が”いびき”
をしているそうですが、そのうちの1020%の人には重篤な病である
 「睡眠時無呼吸症候
*」の危険性があると言われています。そこで”いびき”が気になる方に朗報です!
  ”いびき”を解消・軽減させる装置があります。

 

*「睡眠時無呼吸症候群」

 

  今TVで話題の「睡眠時無呼吸」の人は睡眠中に正常に呼吸ができていません。従って、十分な酸素を
    取り込むことができず、「大変だ!酸素を吸わなければ!」
と、いつも脳が短時間目覚まされています。

    これを覚醒反応と言い、本人は殆ど記憶がないので覚えていません。
    その結果、十分な睡眠をとることができませんので、昼間の眠気、集中力の低下、高血圧、心不全、
    狭心症、脳血管障害等を引き起こします。

  交通事故原因の1つの「いねむり」の中に、高い割合で睡眠時無呼吸症候群があると言われています。

 

 

どんな人が「いびき」をかくのでしょう

肥満の方、アゴが小さい方、顎が下がっている方、扁桃腺やアデノイドが大きい方、いつも鼻づまりがある
方などに「いびき」をかきやすいようです。
特にわれわれ歯科領域においては、下顎が上顎に比べて後方に
下がっている方の
治療を担当します。(最初に、いびきの専門病院での診査・診断が必要です。)

その他の場合には「いびき」専門病院や耳鼻咽喉科医院・病院で治療をします。

どんな治療法があるの ?

 

 

 

 

いびき・無呼吸の治療方法は、それらの原因・重症度によって異なります。従って、まず検査をうけて、
重症度などを明らかにすることが必要です。
最も多い肥満を伴った睡眠時無呼吸症候群の場合は無呼吸を
防ぐ治療方法を
おこないながら体重を減量することが最も望ましい治療方法です。

 

①鼻CPAP療法

いびき専門病院や耳鼻科医院・病院の指示で、睡眠中に特殊器械を使って鼻から空気を送り込み上気道の閉鎖や狭窄を防ぐ装置(CPAPを使った療法です。約100%の効果のようです。

②咽頭手術療法

「いびき」専門医院・病院や耳鼻咽頭科因・病院で行います。扁桃腺やアデノイドが大きい方に対し外科的
手術を行って原因を除去します。

③歯科マウスピース療法
この装具はボクシングやラグビー選手が使っているマウスピースに似た装置で、下顎を少し前方に突き出して
咬むように設計したものです。
これを口腔内に装着して寝ます。これにより咽頭部・上気道が広がり、空気の
通りがすごくよくなります。結果、イビキも軽減します。
中等症以下の「睡眠時無呼吸症候群」または「いびき」の方が適応となります。しかし、重症の方でも鼻CPAPに劣らないほどの効果がある場合もあります。

 

十分でできる工夫

・横向きに寝ると軽減する!
・アルコールは控えること! 
・体重を減量する努力をすること! 
・運動療法と食事療法でおこないます。
・最近は肥満による「いびき」が増加しております!
・中年の皆さん、肥満にはご注意!

どこで治療するの?

まずは「いびき」専門・耳鼻咽喉科医院・病院歯科口腔外科で診査しましょう!
診断で「歯科的な原因」とわかれば歯科医院にご来院下さい。
「歯科マウスピース療法」を行います。

 

このマウスピース療法を行う場合には、まず「いびき」専門の病院や耳鼻咽喉科医院を受診してください。、
医科的な原因が多々ありますので、まずは専門病院での診査・診断画必要です。診断後に歯科的な原因で
あればかかりつけの歯科医院へ来院下さい。